2012.12.1海水初心者がZEOvitシステムでSPS飼育開始。諸事情により水槽設備をすべて手放したのですが2016満を持して再開します。
現在の閲覧者数:
プロフィール

Author:neo
アクア趣味と出会って15年。ネオンテトラから始まり、水草・アピスト・グッピー・ディスカスといろいろやってきました。ついに海水デビュー。
他の趣味は、バイク・秋葉系ネタなどなど。
岩手の内陸南部在住。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
制作を依頼していた工房のブログにキャビネット完成の報告が掲載されました。
詳しくはこちら
http://morinookurimono.yoka-yoka.jp/e1953535.html
jul1624.jpg
http://morinookurimono.yoka-yoka.jp/e1953650.html
jul1627.jpg

これで、とりあえずの機材設備が整いました。
立ち上げが現実になってまいりました。
スポンサーサイト
2016/07/25 00:22 システム・機材 TB(0) CM(0)
謹賀新年
2016年 新年あけましておめでとうございます。
しばらくブログも水槽もほったらかしでありましたが、
生活が変わったため、水槽および関連機材をいったんすべて手放しておりました。
ここ21年で部屋に水槽を置いていなかったのは、これが初の期間です。
いい加減、再開したいなとホームショップと相談しながら準備を進めています。

システムのコンセプトはBPシステムを利用したいいとこどりシステム。
前回はZEOvitで管理していましたが、今回はべっぴんシリーズを使ってみようかと考えています。

入手している機材は

水槽サイズは幅120×奥行60×高さ50、四葉シーホース水槽、3面高透過性ガラス仕様です。
高さは60にされている方が多いと思うんですが、
60cm+フランジがあると底に落としたものを拾うのが大変だったのと
ライブロックでかさ上げして下の方がスカスカになったりしていたので
実は高さはそんなにいらないんじゃないかとショップさんと相談させていただいて決定しました。

ZEOリアクターはPRSの自動撹拌装置付き3Lリアクター

スキマーはBubble King Double Cone 250 + RD3 Speedy
だけですので、徐々に形になるところを記事にできたらと思います。

これから準備する機材は
サンプはROSSOオリジナルサンプに現物合わせしつつさらに改良する作業。
照明はT5 54W 6本にRadion 30W G3 pro×2のハイブリッド
水流ポンプVortec、循環ポンプにVectra で Reef link で 監視及び管理
その他機材も含めてApexで総合的に管理できるように作業を進めていこうと思います。
この際のApexは、国内正規品の人柱となる所存であります。
システムが完全に立ち上がるまで、費用的なこととかホームショップの移転もあるので
すんなりと一度に揃うわけでもないと思いますのでApexの設定やプログラミングなど進めながらぼちぼちやっていくつもりです。

2016/01/01 18:10 システム・機材 TB(0) CM(0)
待ちに待ったApex Aquarium controlerが届きました
Apex.jpg

Apex本体
Break out box
PM2
Leak detector
Vortec wireless control
Energy bar8
の構成です。
プローブはスタンダードグレードpHプローブ×2
     Lab grade Conductivity probe
     Standade grade ORP probe
     Solid sueface leak detector probe
を用意しました。
事前にとっちさんのブログでApex本体の電源安定化についてEnergy bar2のタンデムでの電源安定化について触れられていたので、Energy bar8を2つ用意するつもりでOrderしたのですが、、、、
本体にEnergy barは1個付属していたのですね。
んっEnergy bar8が3つもある!!
さすがに24個もコントロール電源はいらんし。。。。

おそらく、セットアップを進めていくとそのあたりが明らかになるので、もしEnergy bar8が1つ余分になるようならば、必要になる方に実費プラス送料でお譲りすることとなると思います。

今日のところは開けて並べて写真を撮ったところで満足したのでそのまましまいました。(笑)
セットアップを進めるにも2口→2口変換アダプタの用意ができていないので作業できませんでした。
設置場所をどうするかのことも考えなくてはならんので、一番高いハードルのネットワーク関連のセットアップを暇を見つけながらちょこちょこと進めていくつもりです。
困ったら、とっちさんよろしく!!ww

で、水槽のほうはバディング群体が水流にあおられてあちこち接触して先端白化多数。
色揚り&成長してきていて一つ一つはわりと好調なのですが、恥ずかしくてちょっとお見せできる状況ではないので、こんな感じでご勘弁を
Bandit_in_main.jpg
6cmのバンドちゃんはトリートメント水槽で十分な給餌後、淡水浴・トレマゾルでの駆虫を済ませ本水槽に晴れて進出。
本水槽環境に馴化トレーニング中です。

そしてもう一つ。
treat_tank.jpg
5.5cmバンドとハワイアンクリーナーラスはトリートメント水槽に収容。
トリートメント水槽は今回よりキューブガーデン30cmキューブにグレードアップ。無駄にアクアスカイ装備(普段は消灯しています)。
これは、正直ちょっと失敗だったかも。
水量は増えたものの、以前の30cmS水槽に比べて水量は3倍で安定はするものの水替えも3倍で頻繁に水替えするのが大変。薬物を使う前にたっぷりと給餌して体力をつけさせたいのですが、拡散気味で集中給餌になりません。
個体サイズが先の導入個体と拮抗しているので、トリートメントタンクをもとに戻すことを検討中です。
これは、キャビネットを用意してセカンドタンクとして活躍することになるのでしょうか?
ここら辺は、今後の課題ですね。

有田さんの水槽やROSSO社長のレイアウトに刺激されてレイアウトいじりたくてたまらんのですが、サンゴを落ち着けるためにひたすら我慢しております。
左側の山についてはカルチャーハイマツのコレクション置き場となっていますので、このがたつきや水流での移動を何とかすべく近日中に少し手を入れないといけないかもしれませんね。
変な岩組で水流が完全に停滞してしまう部分が出てきたのでMP10Wesをもう一つ追加しました。
MP40WES×2 MP10WES×3と完全に水流に関してはオーバースペックとなってしまいました。

Apexとか水槽本体とかサンプの中とかバンドのトリートメントとかいろいろやることが満載で退屈しないで済むのですが、時間と体力がなくてなかなか進みません。
以上、ご報告でした。




2013/02/19 02:56 システム・機材 TB(0) CM(6)
有田海水さんの冷蔵庫がかっこよかったので、真似しちゃいました。
冷蔵庫
いろいろと雑然としがちな試薬や添加剤がまとまって美しいです。
2013/01/15 10:00 システム・機材 TB(0) CM(6)
仕事納めも終わり、やっと水槽設備をご紹介できる機会がやってきました。
アクア歴はかれこれ15年くらいになりますが、定番のネオンテトラ、コリドラスと来て、エリザベサエやディプロタエニアなどの発見でにわかに始まったアピストブームでアピストにどっぷりとはまり、その後ワイルドディスカス、ショーグッピーなどその時々で中心魚種は変わっていたものの、水草レイアウト水槽は何時もあったような気がします。

マリンアクアを始めるにあたって、まず考えたのは管理が苦痛にならないようにある程度しっかりとした設備を整えることでした。腕がない分は機材でカバーするといってもいいのかもしれません。手入れのされてない水槽ほど見苦しいものはないですし、現実に水槽のためにとれる時間は限られているのでメンテに追われて鑑賞できないでは本末転倒ですしね。

ということで基本構成のシェーマです。
基本システム_convert_20130101053713


循環ポンプは2系統、右側のクーラーの上の水槽は実は60W水槽2段で上段にRO生成水を貯水。下段で人工海水を作成してサンプに流し込むという構成になります。

RO水の貯水とサンプへの足し水はフロートスイッチを使った自動給水装置を作ってもらいました。
IMG_4560_convert_20121229000844_convert_20130101054559.jpg


これで、原水からの電磁弁、加圧ポンプの電源、足し水のフロートスイッチ、貯水水槽のフロートスイッチを管理します。
IMG_4563_convert_20121229001040_convert_20130101053943.jpg
IMG_4562_convert_20121229000954_convert_20130101053859.jpg

サンプへの足し水と貯水水槽への給水はこの電磁弁で管理します。
IMG_4565_convert_20121229001155_convert_20130101054015.jpg


キャビネットの中はこんな感じです。
ウールボックス一体型ですがエーエイト師匠の水位調整機構を取り込んだサンプです。
色調に一体感があって満足です。
IMG_4567_convert_20121228232815_convert_20130101054054.jpg

カルシウムリアクターは当初315のM-calをセカンドステージを付けて入れる予定でしたが、設置当日に入らないことが判明し、かろうじてぎりぎりで入るPRSのカルシウムリアクターとなりました。サードステージにZEOmagとカルシウムプラスを入れています。

今回、水槽設置までに時間がかかったのはこの貯水キャビネットの作成に時間がかかったため。
IMG_4574_convert_20121228233106_convert_20130101054200.jpg


これは、凝りに凝ったところ水槽+キャビネットよりも高額な貯水槽となっておりますwww
上段は1枚扉ですが、中段は2枚扉にしていて下も扉を開けるとちょっとした作業スペースになります。
IMG_4577_convert_20121228233235_convert_20130101054220.jpg


この下にクーラーを収納しております。

クーラーから出た水は、今のところ点灯していませんが殺菌灯を通って水槽に入ります。
ここにも無駄にQL-40がおごられています。ZEOvitなのに。。。。。
IMG_4579_convert_20121228233346_convert_20130101054242.jpg

もう一つ、こだわったのが照明ラック。
鏡面仕上げステンレスの照明ラックです。
収納スペースが欲しかったので、ちょっと余計なものをぶら下げていますがこれは大満足です。
ケーブル整理しよ。

IMG_4580_convert_20121228233428_convert_20130101054308.jpg

まだ、水槽の中よりもサンプの中を見ているほうが多いです。
正月休みにレイアウトを大きく変更します。
周りも片付けてすっきりと鑑賞できるようにしなくてはいけませんね。
2012/12/29 00:33 システム・機材 TB(0) CM(5)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。