2012.12.1海水初心者がZEOvitシステムでSPS飼育開始。諸事情により水槽設備をすべて手放したのですが2016満を持して再開します。
現在の閲覧者数:
プロフィール

neo

Author:neo
アクア趣味と出会って15年。ネオンテトラから始まり、水草・アピスト・グッピー・ディスカスといろいろやってきました。ついに海水デビュー。
他の趣味は、バイク・秋葉系ネタなどなど。
岩手の内陸南部在住。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
先日ブラックバンディットエンゼル導入失敗の反省。
しばらく隔離飼育しようと思っていたのですが、そのために用意していた隔離箱Big fish boxが、フランジのために使えなかったので、面倒くさくなって本水槽にポッチャンしてしまったのがすべての始まり。

トリートメントタンクで静養、各種薬浴後隔離ケースに移動。同居魚と環境に慣れていただいて、そこで放流という、初歩の初歩をすっ飛ばしてしまったのが、失敗だと分析しています。
現在、海道河童小(意味あるのか?これ)を設置したトリートメントタンク常備。
GFG、ヒコサン、トレマゼル。と薬剤常備して準備万端です。


で、隔離飼育に必要な隔離箱Big fish boxをフランジ付でも使用できるように改造しました。
まあ、基本工程は切って蝶番接着するだけなんですが、10年以上ぶりのアクリル接着剤を使ったせいでお世辞にも綺麗とは言えない仕上がりです。
Bigfifhbox改1
Bigfifhbox改3
Bigfifhbox改2

実際に水槽に取り付けてみましょう
Bigfifhbox改水槽にて3
Bigfifhbox改水槽にて

よし、フランジがあっても給餌ができる!!

後の問題点は、蝶番の軸がアルミだということ。
変な金属が溶け出さなけれないいのですが。
それと、固定が水槽面とキスゴムでの固定なのですが、これを何とか直接フランジと固定するように工夫しなくては、いろいろと不安なので、MJ固定用のパーツを加工してさらに改良を加える予定です。

どうしたものかピペットスタンド

何かと便利なピペットですが、置き場所に困っているのでこれも何とかしたい。
315のチューブホルダーがフライス盤加工で結構いい感じのつくりなので、これに何かを加えて邪魔にならずに塩水が垂れないような構造ですぐに使いたいときに使えるようなそんな便利なものを作るか作ってもらうか考えています。


スポンサーサイト
2013/01/16 10:00 D.I.Y. TB(0) CM(2)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。