2012.12.1海水初心者がZEOvitシステムでSPS飼育開始。諸事情により水槽設備をすべて手放したのですが2016満を持して再開します。
現在の閲覧者数:
プロフィール

Author:neo
アクア趣味と出会って15年。ネオンテトラから始まり、水草・アピスト・グッピー・ディスカスといろいろやってきました。ついに海水デビュー。
他の趣味は、バイク・秋葉系ネタなどなど。
岩手の内陸南部在住。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
有田海水さんに刺激を受けて、フルサイズ1眼への欲求が高まって入手に至りました。
これまでのeos20Dでの鑑賞角度からの定点観測です
130126鑑賞面20D
同じく、eos5DMark3です。
130126鑑賞面5D
細かい描写がくっきりとしています。
画像加工は特にしていませんよ。
レンズの違いもあるのでしょうか?

次は、ホワイトバランスの設定が違うのですが上が20D、下が5DM3です。
130126正面20D
130126正面5D
ホワイトバランスは無理にいじらずに、AWBのほうが色の再現度はいいようですね。

同じ条件で比較した場合、一見20Dのほうが当たり障りのない絵が取れるのですが、情報量や描写についてはレンズがいいせいもあるのか、やはりフルサイズに軍配が上がりました。
マクロ撮影もしてみましたが、今回はWBをそろえ忘れてなんだかよくわからなかったので、レンズ以外は同じ条件で撮影して比較してみようと思います。
まだ使い始めたばかりなので、写真に説得力はないのですが。。。
これ使い込むとものすごく説得力のある写真が取れまっせ!!
120126クレア
水槽ともども精進していくことにしましょう。

サンゴ沼に加えレンズ沼にはまり込んでいく自分が怖いです。

スポンサーサイト
2013/01/27 02:45 未分類 TB(0) CM(4)
先日ブラックバンディットエンゼル導入失敗の反省。
しばらく隔離飼育しようと思っていたのですが、そのために用意していた隔離箱Big fish boxが、フランジのために使えなかったので、面倒くさくなって本水槽にポッチャンしてしまったのがすべての始まり。

トリートメントタンクで静養、各種薬浴後隔離ケースに移動。同居魚と環境に慣れていただいて、そこで放流という、初歩の初歩をすっ飛ばしてしまったのが、失敗だと分析しています。
現在、海道河童小(意味あるのか?これ)を設置したトリートメントタンク常備。
GFG、ヒコサン、トレマゼル。と薬剤常備して準備万端です。


で、隔離飼育に必要な隔離箱Big fish boxをフランジ付でも使用できるように改造しました。
まあ、基本工程は切って蝶番接着するだけなんですが、10年以上ぶりのアクリル接着剤を使ったせいでお世辞にも綺麗とは言えない仕上がりです。
Bigfifhbox改1
Bigfifhbox改3
Bigfifhbox改2

実際に水槽に取り付けてみましょう
Bigfifhbox改水槽にて3
Bigfifhbox改水槽にて

よし、フランジがあっても給餌ができる!!

後の問題点は、蝶番の軸がアルミだということ。
変な金属が溶け出さなけれないいのですが。
それと、固定が水槽面とキスゴムでの固定なのですが、これを何とか直接フランジと固定するように工夫しなくては、いろいろと不安なので、MJ固定用のパーツを加工してさらに改良を加える予定です。

どうしたものかピペットスタンド

何かと便利なピペットですが、置き場所に困っているのでこれも何とかしたい。
315のチューブホルダーがフライス盤加工で結構いい感じのつくりなので、これに何かを加えて邪魔にならずに塩水が垂れないような構造ですぐに使いたいときに使えるようなそんな便利なものを作るか作ってもらうか考えています。


2013/01/16 10:00 D.I.Y. TB(0) CM(2)
有田海水さんの冷蔵庫がかっこよかったので、真似しちゃいました。
冷蔵庫
いろいろと雑然としがちな試薬や添加剤がまとまって美しいです。
2013/01/15 10:00 システム・機材 TB(0) CM(6)
大分間隔があいてしましましたが、現在の水景です。
いつものもの鑑賞角度
鑑賞角度
続いて正面
正面
イエローグリーンのツツハナとピンクグラデーションのツツハナを追加しています。
センターにはパステルサーモンピンクが追加されています。
これまでの、センターはちょっと位置を下して前面に。
陰になるところに深場を2個体ほど追加してみましたが、溶けました。(-.-)

お気に入りの鑑賞角度です。
左山アップ
上のほうは、にぎやか&華やかでいい感じなのですが、下半分の足元が岩肌むき出しでちょっとさみしいですね。

さて、今度は右側
右山アップ
こうして写真で見るとそうでもないのですが、上段にカルチャーハイマツのカラーバリエーションが各種あるのはいいのですが、どうにも華やかさに欠けますね。
ここは水流が結構強いので、サンゴの種類が限られてしまうので今のところは仕方がないのかな?

ところで、うちの水槽での一番の問題はパステル個体が真っ白になってしまうことです。
パステルピンクハイマツ
このハイマツは導入時はとてもきれいなパステルピンクでした。
が、しかし成長点から先つまり、うちで成長した部分は真っ白になってしまって。。。。
死んでいるわけではないんです。蛍光イエローのポリプを出していますから。
一部コケがついてしまったところもありますが。
これをもとに戻すにはどうしたらいいのか。。。。。

同じような事例がもう一例
パステルピンクウスエダ1
パステルピンクウスエダ2

この群体は導入時はやはりハイマツと同じようなパステルピンク。
成長点から先が徐々に白くなり、一部は骨格が露出。その他は茶色石化しています。
今は直接目に触れないところに移していますが、それなりに蛍光色素も持っているようなので、
上手にリハビリできれば復活の可能性もあります。
諸先生方、お知恵を拝借させてください。








2013/01/15 02:10 未分類 TB(0) CM(2)
1/2の仙台ショップの初売りに合わせて仙台に出張し、各ショップからライブロックを買い集めてきました。
前回の不満点を解決するために足りなかったライブロックを追加するつもりだったのですが、
結局小手先の追加ではどうにもならず、サンゴをすべて取り出して岩組やり直しという、
かなりヘビーな作業となりました。
で、できたのがこれ
何時もの鑑賞面から。
120102斜め

正面画像がこちら
130102正面

中央広場
130102中央

構図的な不安定さは、大分改善しましたがライブロックを積み上げるだけ積み上げているだけで、使ったライブロックに量に対してたいしてサンゴの置き場所を作ることができませんでした。
次に大きなメンテができるのは、GWくらいでしょうか?

うちの場合は家内がやっている、美容室の待合に水槽があるので土日はヘビーメンテができませんし、
平日帰宅後にこんな大変なことはまずできないので、自分にまとまった休みがあって、美容室も休業できるように調整を付けないといけません。
幸いなことに、このいま一つのレイアウトでも家内は前のものよりも自然な景観だということで、気に入ってくれているようですので、しばらくはこのままで維持していきます。

それまでは生体の状態の維持と向上に努めたいと思います。
今月中にはAPEXも届くと思いますので、とっちさんが仙台に見える際にはエーエイト師匠の設定に立ち会えればいいのですが。

2013/01/05 21:00 レイアウト TB(0) CM(4)
仕事納めも終わり、正月休みに入ったことでまとまった時間ができましたので以前から気になっていたレイアウトの変更に手をつけました。
これまで、ライブロックや底砂をいじるとハギに必ず白点が出ていたので、今後しばらくは大きなレイアウト変更をせずに済むようにプランを立てて、サンゴ・ライブロックをすべて取り出しての半リセットとなりました。
先日から続いていた白点祭りで、コーレレタンが永眠されました。
残った、パープルタンとココスピグミーエンゼルは岩組が落ち着くまで隔離してトリートメントをします。
で、
出来上がった水景がこれ。
いつも鑑賞している場所から。。。
レイアウト変更後、鑑賞角度

う~ん、なんとなく「コレジャナイ感が」否めません。
で、正面から
レイアウト変更後正面

岩組を組みなおして、サンゴの置き場所をたくさん作ったつもりなんだけれども意外と置けないものですね。
仕方がないので、多少の接触はしょうがないものとして無理やり詰め込みました。
テーブルやスギをもっとぎちぎちに詰め込んで岩肌が見えないようになんてとても無理。
それは、あるていど熟成させることで解決することとして、構図の不安定感を分析してみました。

正面構図調整

基本はネイチャーアクアリウムでいう凹型構図なのですが、後景にあたる部分がないので落ち着かない。
さらに、左右の山のバランスが悪いので黄金比での分割ができていない。
ライブロックの量が足りなくてあるもので組む都合で仕方がなかったので本体を解体することなく安定感を増すための修正案を考えました。
線が細くて見にくいですが、右の山を左前方に延長。左後ろにできた空間は右上方に延長する形でライブロックを追加して構図の不安定感を解決しようと思います。
中央は、魚の遊泳空間確保のためと多少光が弱くなると思うので、深場のテーブルなどを配置していこうと考えています。
とりあえず、空間を確保して色彩のメリハリを考えてサンゴの配置をしていきます。
ついでに、MP10WESを1基背面に移動。水流のメリハリが良くなりました。
それにしても何時になったら落ち着くことやら。
ひと段落するまでに際限なくお金がかかるな。

水流が強すぎて白化したトゲサンゴの切除手術をしていたところ、健常部までバラバラにしてしまい、トゲサンゴのフラグが大量に出来ました。それ以外にも結構落としたり、ぶつけたりして欠片ができたのでフラグが沢山できました。。フラグラックを注文しているので、これは後程移動させます。
大きくなったら、里子に出そう。

蛇足)Apex注文してしまいましたがOut of stockということで2~3週間待ちとのことでした。
2013/01/01 05:33 レイアウト TB(0) CM(4)
あけましておめでとうございます。
海水飼育にチャレンジを始めたことで、諸先輩方と新しく交流を持つことができまして、非常に良かったと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。

neo
2013/01/01 04:49 その他 TB(0) CM(2)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。