2012.12.1海水初心者がZEOvitシステムでSPS飼育開始。諸事情により水槽設備をすべて手放したのですが2016満を持して再開します。
現在の閲覧者数:
プロフィール

Author:neo
アクア趣味と出会って15年。ネオンテトラから始まり、水草・アピスト・グッピー・ディスカスといろいろやってきました。ついに海水デビュー。
他の趣味は、バイク・秋葉系ネタなどなど。
岩手の内陸南部在住。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
iphone4Sの写真ですが

まずは正面
130327正面
続いて鑑賞角度
130327全景
さて、全景だけでなくサンゴのアップも載せろという要望がありましたので、一気に行きましょうか。
右の山から
130327ホゾヅツ
一番奥のホソヅツは真っ青になっています。手前のスギは蛍光緑からイエローになりかけてますね。
130327ハイマツエッジパープル
褐虫藻が抜けて地のピンクに放射サンゴのエッジがブルーに発色しています。
130327インドネシアショウガ
インドネシアショウガ、落としたり日焼けさせてしまって禿げてますね。お見苦しい。
ショウガは総じて苦手です。
130327パステルクシハダ
うっすらパステルグリーンのクシハダこれからどう変化するか楽しみです。
隣りのイボリュウモンサンゴもお気に入りです。
後ろにエダセンベイサンゴグリーン、サーモンピンククシハダ、先端パステルブルークシハダ、ハイマツレッド、フィジーハナガサ先端ブルーここら辺が我が家のセンターの華です。
130327トンガハナヤサイ
トンガハナヤサイ接触で白化しています。順調に色揚り中。
130327トンがショウガ+Fijiハナヤサイ
トンガショウガとフィジーハナヤサイ。ショウガは禿げ作ってますし、ハナヤサイは接触で。。。。お恥ずかしい。
130327インドネシアハイマツレッド
我が家の主的存在ハイマツレッドあまり薄くならずに自己主張しています。
サーモンピンクとの対比もいいですね。
130327メイン3群体
メインの3群体
130327右山2
右の山の全景です。ドロップと右はじがまだ未完成です。今週末にかなり完成に近づくと思います。
左については次回に譲ります。

ところで、ZeoVit Systemで飼育をしていると自然と褐虫藻が抜けてくるのですが、
その後も美しいサンゴもある一方、徐々に見栄えが悪くなるサンゴがあります。
130327バディングレッド
もともと、メインのハイマツと同じような色だったのですが、
褐虫藻が抜けて地のクリーム色のみになると放射サンゴの蛍光ピンクのみになって残念な感じになってしまいます。
ポリプに多少色が乗っており、地の色がある群体についてはパステル化した後も発色が良いようです。
ここら辺の見極めができるとせっかくうまくいっているのに、見た目残念という失敗がないのではないでしょうか?


おそらくこの子はベルリンではすばらしい発色になると思います。
地の色が濃い群体については左半分でご紹介しますね。

それにしても、接触やら落下やらで一つ一つのサンゴのアップをお見せするのは非常に恥ずかしいです。

Apexは、無線化に戸惑っていまして作業ストップしています。
有線ならば安定稼働するところまでは作業が進みました。
何が悪いのか原因不明です。こないだまでは無線接続できていたのになぁ。
Apexの道は険しいです。









スポンサーサイト
2013/03/27 23:32 水景 TB(0) CM(2)
すっかり、ブログ更新が滞っていましたがネタはあるけど更新がめんどくさくって。。。。すいませんm(__)m

いろいろとはまりながらも試行錯誤を続けていたApexのネットワーク設定ですが、
とっち先生mjneko先生の記事のおかげで、前回の更新後2~3日後にLan接続が可能となりました。

LanからはApex接続ができるようになったので次のステップの自宅外からApexに接続するポート解放の作業に入りました。
ネットワークには疎いので、用語に対しての理解ができておりませんでしたが、
NTTのサイトから自分が使っている機種の型番とポート解放の2つのキーワードでグーグル先生にお尋ねしたところ、
いろいろなサイトがヒットしたのですが、どこにどのパラメータを入力していいのかがわかりませんでした。

ルーターの初期化から始めて、静的IPマスカレード設定でつまづいてめんどくさくなってしばらく放置していたのですが、
これからは初心に帰って自分が使っている機種の型番NTTのフレッツルーターの設定マニュアルをネットで検索して、
本日やっとWANからの自宅Apexへの接続に成功
しました。
静的NATSどうこうという項目の設定はせずに静的IPマスカレード設定項目のみの設定でポートの解放に成功しました。
現在職場から、自宅Apexへの接続が可能であることを確認したところです。
ネットワークの設定についてはひと段落ついたので、本体の設定が次に待っています。
私の現在のこのシステムに対する理解では、アクアリウムコントローラーとして
すべての機器のコントロールを移行させるのは危険なので、
まずはアクアリウムモニターとして運用しつつ一つ一つApexでのコントロールに移行していく予定でいます。


やはり、Apexの導入にあたっては一番の障壁となるのはネットワークの設定だろうと考えています。
正規代理店がこの点に関してどこまで対応できるのか興味は尽きません。

無線LAN接続もできているので水槽周りのどこにどう設置するかを良く考えて、
ベースモジュールの設置を行い、プローブのカリブレーションを行えば
ひとまずアクアモニタとしての運用ができる
ようになりますので、
次の課題はどうやってスマートに設置するかという問題を検討する必要がありますね。

これって、Apexを使っていく上ではとても大事なことです。
aquabusと電源ケーブルと、信号のIn/Outletで沢山のケーブルでごちゃごちゃになりますから。

自分の環境にでどのような形で設置するかがセンスの問われる部分でもあります。
まあ、板を買ってきて固定してという設置をせざるを得ないのですが、
できるだけスマートになるように知恵を絞っていくつもりです。
タイムリーにnjneko先生が次の手順について記事をエントリーしてくださっているので、
さっそく勉強させていただくつもりです。

それにしてもDashboardに何も表示されないのは、なぜだろう?

水槽についての報告はまた、別の機会に。ちょっと、変化がありましたよ(=^・^=)
2013/03/11 01:53 Apex TB(0) CM(1)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。