2012.12.1海水初心者がZEOvitシステムでSPS飼育開始。諸事情により水槽設備をすべて手放したのですが2016満を持して再開します。
現在の閲覧者数:
プロフィール

Author:neo
アクア趣味と出会って15年。ネオンテトラから始まり、水草・アピスト・グッピー・ディスカスといろいろやってきました。ついに海水デビュー。
他の趣味は、バイク・秋葉系ネタなどなど。
岩手の内陸南部在住。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
仕事納めも終わり、やっと水槽設備をご紹介できる機会がやってきました。
アクア歴はかれこれ15年くらいになりますが、定番のネオンテトラ、コリドラスと来て、エリザベサエやディプロタエニアなどの発見でにわかに始まったアピストブームでアピストにどっぷりとはまり、その後ワイルドディスカス、ショーグッピーなどその時々で中心魚種は変わっていたものの、水草レイアウト水槽は何時もあったような気がします。

マリンアクアを始めるにあたって、まず考えたのは管理が苦痛にならないようにある程度しっかりとした設備を整えることでした。腕がない分は機材でカバーするといってもいいのかもしれません。手入れのされてない水槽ほど見苦しいものはないですし、現実に水槽のためにとれる時間は限られているのでメンテに追われて鑑賞できないでは本末転倒ですしね。

ということで基本構成のシェーマです。
基本システム_convert_20130101053713


循環ポンプは2系統、右側のクーラーの上の水槽は実は60W水槽2段で上段にRO生成水を貯水。下段で人工海水を作成してサンプに流し込むという構成になります。

RO水の貯水とサンプへの足し水はフロートスイッチを使った自動給水装置を作ってもらいました。
IMG_4560_convert_20121229000844_convert_20130101054559.jpg


これで、原水からの電磁弁、加圧ポンプの電源、足し水のフロートスイッチ、貯水水槽のフロートスイッチを管理します。
IMG_4563_convert_20121229001040_convert_20130101053943.jpg
IMG_4562_convert_20121229000954_convert_20130101053859.jpg

サンプへの足し水と貯水水槽への給水はこの電磁弁で管理します。
IMG_4565_convert_20121229001155_convert_20130101054015.jpg


キャビネットの中はこんな感じです。
ウールボックス一体型ですがエーエイト師匠の水位調整機構を取り込んだサンプです。
色調に一体感があって満足です。
IMG_4567_convert_20121228232815_convert_20130101054054.jpg

カルシウムリアクターは当初315のM-calをセカンドステージを付けて入れる予定でしたが、設置当日に入らないことが判明し、かろうじてぎりぎりで入るPRSのカルシウムリアクターとなりました。サードステージにZEOmagとカルシウムプラスを入れています。

今回、水槽設置までに時間がかかったのはこの貯水キャビネットの作成に時間がかかったため。
IMG_4574_convert_20121228233106_convert_20130101054200.jpg


これは、凝りに凝ったところ水槽+キャビネットよりも高額な貯水槽となっておりますwww
上段は1枚扉ですが、中段は2枚扉にしていて下も扉を開けるとちょっとした作業スペースになります。
IMG_4577_convert_20121228233235_convert_20130101054220.jpg


この下にクーラーを収納しております。

クーラーから出た水は、今のところ点灯していませんが殺菌灯を通って水槽に入ります。
ここにも無駄にQL-40がおごられています。ZEOvitなのに。。。。。
IMG_4579_convert_20121228233346_convert_20130101054242.jpg

もう一つ、こだわったのが照明ラック。
鏡面仕上げステンレスの照明ラックです。
収納スペースが欲しかったので、ちょっと余計なものをぶら下げていますがこれは大満足です。
ケーブル整理しよ。

IMG_4580_convert_20121228233428_convert_20130101054308.jpg

まだ、水槽の中よりもサンプの中を見ているほうが多いです。
正月休みにレイアウトを大きく変更します。
周りも片付けてすっきりと鑑賞できるようにしなくてはいけませんね。
関連記事
スポンサーサイト
2012/12/29 00:33 システム・機材 TB(0) CM(5)
コメント
neoさんおはようございます。
いや~スゲーですw
お見事な設計です!
しかし金掛かってますねw
さすがです(*゚▽゚*)

ここまで拘って管理されてるなら是非Apex逝きましょうw
価格も安いですし(個人輸入w)
LSSさんの価格は知りませんw

来年は是非お互いスイハイしましょうよ!
ロッソのお客さんにTさんという方がいらっしゃいます。
やはりZEOミドリイシ水槽で、装備も素晴らしいです。
みんなで色々勉強し、向上したいですね!

2012/12/29 09:19 エーエイト URL [ 編集 ]
neoさん、こんにちは。とっちです。
neoさんのすごいシステムに度肝を抜かれました。
ほとんどが国内正規品ですよね…相当なお金がかかっていそうですね。
エーエイトさんがおっしゃる通り、あとはアクアコントローラーでしょうか。

私は水槽周りがぐっちゃぐちゃでとてもお見せできません(笑)
neoさんを見習って私も整理してみたいと思います。
2012/12/29 18:15 とっち URL [ 編集 ]
エーエイトさん
このお金のかけ方は、Rossoの社長とも話していたのですが、ある意味変態仕様というべきでしょうwww
実はうちの奥方の美容院の待合室に水槽をおいている関係で本来ヘビーメンテすべき土日にメンテできず、平日ぼろぼろになった状態でメンテせざるを得ないので、システムでカバーするしかなかったのです。
LSSはいつ輸入するのかわからんし、このシステムをバックアップする体制が取れるとも思えませんので、個人輸入を検討始めました。
Kisselを購入したことで、海外からの購入のハードルも下がりましたので、今後は適度にショップからも購入しつつ個人輸入もやっていこうと思います。
ところで、エーエイトさんはAPEX上位モデル以外に何を購入されました?
どこまで拡張するべきか、悩みどころです。
ひとまず、アクアリウムモニタとして活用しつつ誤動作してもFatalにならない部分でのコントロールから入ろうと考えています。
1月3日の初売りの日にお時間が合うようでしたら店頭でお会いできたらと思いますがいかがですか?
2012/12/30 04:30 neo URL [ 編集 ]
とっちさん
基本システムは、初心者でもありますし正規品でまとめました。初心者ゆえにトラブルが起こった時に対応できませんから。あとは、エーエイト師匠もおっしゃっていましたが、ショップにもある程度の利益がないと今後のお付き合いやフォローにも支障が出ますし、ショップとメーカーさんとのパワーバランスもありますから、ここは先行投資のようなものですよ。
自動RO給水システムについてはAPEXがあれば完全にこれで制御任せられましたね。
結構ごついシステムになってしまったので、機会があれば切り替えていくことも考えたいと思います。
別所でも書きましたが、今のところ、アクアコントローラーですべてを管理させるのは正直不安ですので、スタンドアローンとの併用で安全マージンを取りながら深入りしていきますね。
今後ともよろしくお願いいたします。
2012/12/30 04:39 neo URL [ 編集 ]
neoさん再びこんばんは。
Apexに関しては理屈と管理体制はわかっていますが、ネット環境設定やらデジタル部分は皆目わかりませんw
これはもうとっち先生が間違いなく日本一ですw
代理店のLSSよりも遥かに先駆者ですw
うちは一番上位のセットに、phコントロール機能と塩分濃度測定を追加しただけです。
Vortechのコントロールも出来ますが、結局あの純正コントローラーは電源供給部分で外せないようですので意味無いかとw
おっしゃる通り、全てを一元管理はまだまだ怖いですね。
ヒーター、クーラーは別系統か二元管理が安心そうです。

3日は11時に行く予定ですのでお会い出来ればいいですね!

2012/12/31 00:12 エーエイト URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://neoaqua121201.blog.fc2.com/tb.php/3-e58c7103
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。