2012.12.1海水初心者がZEOvitシステムでSPS飼育開始。諸事情により水槽設備をすべて手放したのですが2016満を持して再開します。
現在の閲覧者数:
プロフィール

neo

Author:neo
アクア趣味と出会って15年。ネオンテトラから始まり、水草・アピスト・グッピー・ディスカスといろいろやってきました。ついに海水デビュー。
他の趣味は、バイク・秋葉系ネタなどなど。
岩手の内陸南部在住。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
久しぶりの更新ですがいろいろめんどくさくてとありまして
現在の水景はこんな感じです
IMG_0291.jpg

特にここらへんは調子が良くて

IMG_0288.jpg

ピンポイントできれいだけど危うい感じの
IMG_0290.jpg
もう少しキワキワパステルですが、iphoneはパープルが強めに出ますね。

で、ついでにこんな感じww
IMG_0287.jpg
2013/09/20 02:01 水景 TB(0) CM(2)
ゆっくり厳選しますと言いながらも、さみしい水景に我慢ができすに行っちゃいました。

まずはROSSOさんから

なぜ残っていたのか不思議なフィジー
入荷直後から、きれいだと言っていたのですが色が上がってさらに綺麗になってました。
ちょっと暗めのところに置いたので見栄えはいまいちですが、慣れてきたら明るいところに置きます。
IMG_0118_convert_20130708003936.jpg

着状態が怪しく、トリートメントされていたトンガ
IMG_0119_convert_20130708003959.jpg

オージーハイマツ
スパの隣にあったけど、スパよりきれいでした。
IMG_0121_convert_20130708004050.jpg

オージー
確実に青くなると思います。軸が緑の発色をしているので、これからの色上りが楽しみ。
IMG_0122_convert_20130708004112.jpg
とここまではよし。

初めてMGさんから購入。大阪-岩手の長距離輸送に不安を抱きつつ。

確か、トンガのハイマツ。オージーのハイマツと似ていますが、ちょっと褐虫藻が残っています。
IMG_0120_convert_20130708004024.jpg

バヌアツ、キワキワのクシハダ
本水槽投入後、ぱらぱらと共肉が剥げてきました。
どこまで頑張れるかな?
白化が止まれば透明感のあるすばらしいパープルになると思います。
IMG_0117_convert_20130708003910.jpg

HPに乗っていた段階でキワキワのピンクでしたが、到着時に白濁&白化があり
トリートメント後にはこんな姿に。。。。ヤッコがつつきに来てました。
写真ではなんとなくピンクがかかってますが、完全に真っ白です。
IMG_0116_convert_20130708003837.jpg

暑い時期の通販は難しいですね。
発送するほうも大変ですね。
でも、レモンケーキとメロンケーキはコレクションしたいなぁ。

これだけ投入しても全景は、相変わらず殺風景なので今回は公開はなしです。





2013/07/08 01:08 生体 TB(0) CM(0)
完全に放置ブログと化してしまいました。^^;
GWにレイアウト変更をしようとサンゴを取出し隔離したのですが
酸欠でコモン・トゲ系統のサンゴ以外のほとんどを死なせてしまいました。
幸いなことに本水槽の崩壊には至らず、お魚も元気でしたので惰性で飼育を続けていました。
ツイッターには投稿しましたが、もうね、白化したサンゴでレイアウトが作れそうなくらいでした。

先月あたりから、準備のために動いていましたがやっと重い腰を上げてレイアウト開始しました。

ライブロックレイアウト


構図としてはどっかで見た構図です^^;)
これはパクリではなくてあくまでも技術向上を目指した習作であります。
左1/3の位置を中心にして左右に翼を広げるようにリフトアップする計画だったのですが
向かって右側は上手にリフトアップできたのですが左側は思ったようにいきませんでした。
重さのバランスが上手に取れなくて左側の広がりが今一つですね。


まっ、ここで力尽きたので妥協しました。だいぶんライブロック減量しましたが
まだ無駄に多いところもあるので枝状ライブロックとサンゴを追加しながら手直しをしたいと思います。


で、残ったサンゴを載せて見た図がこれ。
サンゴ載せてみた

見た目はそれなりですね。
スペースはまだまだあるのでどんどん載せられますが、
これまでに比べると半分くらいしか載せる場所がないので

導入個体は厳選していきます。
ガラス水槽へのグレードアップ計画もあるので、あわてずに厳選していきますよ。
やっぱりフィジーの色合いが好きなのでフィジー中心に選んでいこうと思います。
Y社長よろしくお願いしますね。





2013/07/03 01:36 レイアウト TB(0) CM(1)
先週は大型のフィジー便の入荷がありました。

もう入らないと言いつつもきれいな画像を見てしまうとついついポチッw

いつも以上に今回はきれいな群体が多かったですね。

で、わくわくしながら発泡スチロールのふたを開けました。

すると、ほのかにあの匂いが。。。。甘いようなくどいようなあの匂い。

白濁した水の中の犯人はこれでした。

Fijiwhitening.jpg

別のバケツでトリートメントをしていたのですが、見ているそばから共肉がぽろぽろと。。。。

残っている部分がきれいなだけに残念なことをしました。

さっき気が付いたのはこれ。

fijipink.jpg

白飛びしているけれど、真ん中が白化開始しています。

止まってくれるといいなぁ

んで、これも

fijikushihada.jpg
Fijikushihada2.jpg

祈りながら黙って見てる他ないですね。

金額が金額なんで洒落にならん(泣)

話題は変わって、
1月から3か月かけて設定を進めてきたApexがやっと水槽モニタリング開始しました。

電源については、とっち先生がACアダプタを使っていたので参考に(あくまで自己責任で)これを入手。

AOSSなのに無線LANの設定が進まずに作業が2週間以上止まっていたのですが、無線LAN親機のファームウェアを改めて更新すると(もともと最新版だったんだけど)すんなり子機を認識し設定完了。
本体が壊れたのかと思ってもう一式Apexを購入したのは内緒。

水槽横に設置してみました。

Apex1.jpg
Apex2.jpg

やっぱり存在感ありますよね。(悪い意味で)

ここで問題発生。

電源に思いっきり水がかかりそう&ケーブルが非常に見苦しい。

EB8の位置を思い切って変更したほうがよさそうです。

pHプローブのキャリブレーションが今一つうまくいかなかったり、
なんだかんだと課題は山積みですが、とりあえず第1段階の水槽モニタリング開始です。

まだ、安定稼働については自信がないのでコントロールについてはぼちぼち進めてまいります。

で、今週の新入りさんは

usukomon.jpg

明るいグリーンのウスコモンと

pinkkushihada.jpg

これも危うげな先端ブルーのパステルピンククシハダです。
維持できるかな?




2013/04/01 01:22 Apex TB(0) CM(2)
iphone4Sの写真ですが

まずは正面
130327正面
続いて鑑賞角度
130327全景
さて、全景だけでなくサンゴのアップも載せろという要望がありましたので、一気に行きましょうか。
右の山から
130327ホゾヅツ
一番奥のホソヅツは真っ青になっています。手前のスギは蛍光緑からイエローになりかけてますね。
130327ハイマツエッジパープル
褐虫藻が抜けて地のピンクに放射サンゴのエッジがブルーに発色しています。
130327インドネシアショウガ
インドネシアショウガ、落としたり日焼けさせてしまって禿げてますね。お見苦しい。
ショウガは総じて苦手です。
130327パステルクシハダ
うっすらパステルグリーンのクシハダこれからどう変化するか楽しみです。
隣りのイボリュウモンサンゴもお気に入りです。
後ろにエダセンベイサンゴグリーン、サーモンピンククシハダ、先端パステルブルークシハダ、ハイマツレッド、フィジーハナガサ先端ブルーここら辺が我が家のセンターの華です。
130327トンガハナヤサイ
トンガハナヤサイ接触で白化しています。順調に色揚り中。
130327トンがショウガ+Fijiハナヤサイ
トンガショウガとフィジーハナヤサイ。ショウガは禿げ作ってますし、ハナヤサイは接触で。。。。お恥ずかしい。
130327インドネシアハイマツレッド
我が家の主的存在ハイマツレッドあまり薄くならずに自己主張しています。
サーモンピンクとの対比もいいですね。
130327メイン3群体
メインの3群体
130327右山2
右の山の全景です。ドロップと右はじがまだ未完成です。今週末にかなり完成に近づくと思います。
左については次回に譲ります。

ところで、ZeoVit Systemで飼育をしていると自然と褐虫藻が抜けてくるのですが、
その後も美しいサンゴもある一方、徐々に見栄えが悪くなるサンゴがあります。
130327バディングレッド
もともと、メインのハイマツと同じような色だったのですが、
褐虫藻が抜けて地のクリーム色のみになると放射サンゴの蛍光ピンクのみになって残念な感じになってしまいます。
ポリプに多少色が乗っており、地の色がある群体についてはパステル化した後も発色が良いようです。
ここら辺の見極めができるとせっかくうまくいっているのに、見た目残念という失敗がないのではないでしょうか?


おそらくこの子はベルリンではすばらしい発色になると思います。
地の色が濃い群体については左半分でご紹介しますね。

それにしても、接触やら落下やらで一つ一つのサンゴのアップをお見せするのは非常に恥ずかしいです。

Apexは、無線化に戸惑っていまして作業ストップしています。
有線ならば安定稼働するところまでは作業が進みました。
何が悪いのか原因不明です。こないだまでは無線接続できていたのになぁ。
Apexの道は険しいです。









2013/03/27 23:32 水景 TB(0) CM(2)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。